ブルーベリーの産地

日本の代表的なブルーベリーの産地は長野と言われています。長野県の栽培面積は昭和56年以降ずっとトップの座を占めてきました。
では、世界ではどのようなところでブルーベリーが作られているのでしょうか。
まずブルーベリーの始まりは北米です。当時はヨーロッパからアメリカに移住してきた人に先住民が分け与えていたそうで、重要な食料だったそうです。
このことから分かるように一番栽培面積を持っているのがアメリカです。そのつぎにカナダの順です。
日本にブルーベリーを持ってきたのもアメリカです。
しかし、私が紹介したいブルーベリーは、フィンランドのブルーベリーです。フィンランドで作られている野生種のビルベリーは紫外線から身を守るための青紫色の天然色素アントシアニンの量を一番多く含んでいるブルーベリーです。
このビルベリーはベリーピッカーという道具ですくって収穫します。
フィンランドでは様々な料理やお菓子にブルーベリーが使われるため、量り売りがフィンランド流だそうです。
このビルベリーの魅力は何と言ってもアントシアニンが一番多く含まれているという事です。アントシアニンはポリフェノールの一種で、目の疲れにもっとも効くといわれています。それだけではなくメタボリックシンドロームを予防する効果があるとも言われています。
平均寿命が80歳オーバーのフィンランドがこのアントシアニンを多く含んでいるブルーベリーを食べているのも、長生きの秘訣と言えるかもしれませんね。

カテゴリー: ブルーベリー | コメントは受け付けていません。

現代食にかかせないサプリメント

加工食品の多くは、カロリーが温存される代わりに必要な副栄養素が欠けています。サプリメントは逆で、副栄養素を温存して、限りなくカロリーを減らしています。カロリーを増やさず、必要な栄養のみを補給することができるサプリメントは、現代食に欠かせないものでしょう。
ヘルス・プロモーター1は毎日の食事のとり方の基本であり、これをきちんと実践すれば、必要な全部の栄養素が満たされるかというと、そうではない。素材自体の栄養の低下や、加工による栄養の損失などにより、ビタミンやミネラルはどうしても不足がちです。食事のとり方を変えるだけで、アンバランスな状態の部分的な改善にはなりますが、完全に解消できることはないのです。

食事だけではビタミンやミネラルの不足は補いきれず、摂ったカロリーが使いきれません。余ったカロリーは少しずつ体に蓄えられ、脂肪に変化します。皮下にたまれば皮下脂肪に、内臓に溜まれば内臓脂肪に、血管にたまれば動脈硬化の原因となり、肝臓にたまれば脂肪肝になります。そこで、ぜひとも利用をすすめたいのがサプリメントです。
サプリメントのように人工的につくられた栄養はよくないから利用しないという人もいますが、前述したように、私たちが普段食しているものはほとんどが人間の手でつくられた人工的なものばかりです。
サプリメントも、栄養補助食品と呼ばれるようにあくまでも食品であり、ほかの加工食品と同じなのですから。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

健康作りに役立つ食生活

私は学生時代に食事による栄養素摂取を学んだため、自分でも健康作りに役立つ食生活を気をつけています。現代人が特に不足しがちなのは、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素。特にミネラルは食生活によっても摂取しずらいため、食事だけでは不足しがちな栄養素は、サプリメントなどで補給するることもあります。
顔の肌は、長年、全身の皮膚の一部というとらえ方で、清潔にすることと適度な水分補給を中心に実施しています。基礎化粧品は旧指定成分など添加物の多い製品を避け、なるべく自然で肌にやさしいものを選ぶこと。健康な体さえ保っていれば、肌の手入れはそれで十分だと思います。
化粧品はあくまで、美容の範囲であり、肌=皮膚細胞の正常で健康な活動をも追及するものがあるとは思いませんでした。

サプリメントは配合成分を見れば化粧品がどのようにまじめに作られているかがわかります。
カルシウムやカリウムなど不足しがちなミネラルが配合されていて、肌のホメオスタシスを助けるための成分が豊富に配合されている製品がいいです。
実際に私も試してみたところ、肌の内部から変化していると感じました。額や頬がつややかになり、新しい細胞が以前の細胞より健康になっているようです。特にピーリングジェルは使用後に爽快感を味わえます。ピーリングというと毛穴の皮脂や汚れの除去とばかり思っていましたが、ナチュラルピーリグはそれに加え、皮膚に必要な栄養分を補給してくれます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。